引っ越しが決まったけど、引っ越し業者はどごで頼めばいいの?

c8a3f457f6893f4cd608c31ad48208f2_s

出来れば安くて評判の良い引っ越し業者さんにお願いしたいけど、引っ越し料金の相場もわからないし、業者も数社くらいしか思い浮かばない。

引っ越し料金の相場を把握するために、色々な引越し業者に見積もりを取るなんて面倒ですよね!

そんな引っ越し初心者でも簡単に、悩まず引越し業者を見つける事が出来るのが
全国厳選の引っ越し業者200社位上から、簡単一発入力で、最大10社よりスピード見積りが届く引っ越し一括見積りサイトが【引っ越し価格ガイド】です。

引っ越し料金には定価がないため、引っ越し業者によって料金は異なりますが、引っ越し一括見積りサイトで、見積もりを依頼された業者は、他社と比較されていることがわかっていますので、見積もりサイト用の安い値段が最初から提示されるんです!

一括見積りなら「完全同条件」で各社の見積もりをとれるので金額のみを比較し、最安値の業者を選ぶことができます。

各業者の見積り料金を比較すると、最高値と最安値の差が、最大で50%になることあるんです。

一括見積りサイト【引っ越し価格ガイド】は、見積もり以外にも、利用者の声を元に作成した引っ越し業者ランキングやトラブルを避けるための失敗しない引っ越し業者の選び方などを公開しており、引っ越し情報が満載です!

契約時の注意点

「ドラム式洗濯機の破損事故」が最近増えています

ドラム式洗濯機は専用の輸送用ボルト(ネジ)を装着して搬送しないと、振動でドラムが破損する場合があるそうです。
荷物にドラム式洗濯機がある場合は、見積もり時に引っ越し業者に伝え、必要であれば当該固定部品を販売店で手配しておく必要があります。
また、液晶テレビやノートパソコンも破損が起こりやすいですが、パソコンのデータ等は保証が効かないので、バックアップを取っておきましょう。

見積もり金額で大きな大きなウエイトを占めるのは、作業員の数とトラックのサイズです

トラックのサイズをギリギリの大きさで設定していて、条件で「積みきり」となっている場合は注意が必要です。
「積みきり」とは、トラックに積めるだけの量と言う意味で、もし積みきれずに追加で運んで貰う場合は追加費用が発生してしまい割高になる可能性があります。

引っ越し業者が加入している損害保険の内容も確認しておきましょう

「見積もりの中に保険料が含まれているか」「掛け金はいくらで、どの程度の補償なのか」など引っ越し業者に補償に関する詳細を説明してもらうと良いです。

「見積もり書」なのか「契約書」をちゃんとチェックする事が大切です

「見積もり書」と勘違いして「契約書」となれば、キャンセルすると解約ということになりますので、キャンセル料が発生する場合も考えられるので注意しましょう。

引っ越し業者価格は定価がないので高値掴みに要注意!

引っ越しが決まったけど、引っ越しにかかる費用って気になりますよね。

引っ越しの料金に定価はないので、業者によって料金が結構違うものなんです!

出来れば安くて評判の良い引っ越し業者さんにお願いしたい。

そんな人にぴったりなのが、全国厳選の引っ越し業者200社位上から、簡単一発入力で、スピード見積りが届く引っ越し一括見積りサイト【引っ越し価格ガイド】です。

一括見積もりに参加している引越し業者は競争相手がいることを承知した上で見積もり出すので、最初から見積もりサイト用の安い値段で提示されるんです!

きっといい引っ越し業者さんがみつかりますよ。

試しに一括見積もりを試してみて下さい、多い時で5万円以上も料金の開きが出ることもあるんです。

引っ越し料金は、「移動距離」などによって決まる運賃と、「人件費」などの実費と呼ばれる費用、そして「エアコンの取り外し・取り付け」などのオプションサービス料金で決まります。

そのほか、「引っ越し日」などの引っ越し条件によって変わってきますが、同じ条件でも引っ越し業者によって1つ1つの料金が異なるため、最大10社の引っ越し業者から見積りが届く【引っ越し価格ガイド】なら、簡単にあなたに合った引っ越し業者を見つけることが出来るんです!

契約時の注意点

見積もり書」なのか「契約書」をちゃんとチェックする事が大切です。
「見積もり書」と勘違いして「契約書」となれば、キャンセルすると解約ということになりますので、キャンセル料が発生する場合も考えられるので注意しましょう。

トラックのサイズをギリギリの大きさで設定していて、条件で「積みきり」となっている場合は注意が必要です。
「積みきり」とは、トラックに積めるだけの量と言う意味で、もし積みきれずに追加で運んで貰う場合は追加費用が発生してしまい割高になる可能性があります。

引っ越し業者が加入している損害保険の内容も確認しておきましょう。
「掛け金はいくらで、どの程度の補償なのか」など引っ越し業者に補償に関する詳細を説明してもらうと良いです。

引っ越し業者選びの決めては?
一括見積もりをしている人は、「料金の安さ」が一番多く、一括見積もりをしたら業者によって5万円以上の差がついて驚いた人も少なくないようです。
また「見積もり時の対応」「オプションサービス」など実際に引っ越し業者に来てもらって訪問見積もり時に会った営業スタッフの態度や人柄、サービスを実際に聞いて決める人も多いです。

業者が見積もり時に置いていったダンボールは使っても大丈夫?
見積もりの時に、ダンボールを置いていく業者も有るようですが、キャンセルを申し出ると、ダンボールを返却して下さいと言われたり、キャンセル料が発生しますなど言われトラブルに巻き込まれるおそれがあるので、ダンボールは契約を交わしてから貰うようにしましょう。

訪問見積もりは面倒だから、電話やインテーネット見積もりだけで決めたいんだけど?
訪問見積もりをしてもらわないと、実際に請求される金額と見積もり額とは違ってくる場合いがあるのでオススメできません。
また、訪問見積もり時の交渉で値引きをしてくれる業者も多いので、複数の業者に訪問見積もりしてもらって、自分に合う業者を選ぶのが良いでしょう。

一番のおすすめは、引っ越し一括見積りが出来る「引っ越し業者 激安」のサイトで見積もりだけでも取ってみることだと思います!